「―お前、ダービーをとってみたいだろ? 」中野栄治は、加藤師の言葉が頭の中を繰り返しこだまするのを感じていた...。

府中を駆けた疾風アイネスフウジン列伝
 1987年4月10日生。牡。黒鹿毛。中村幸蔵(浦河)産。
 父シーホーク、母テスコパール(母父テスコボーイ)。加藤修甫厩舎(美浦)。
 通算成績:8戦4勝(3-4歳時)。主な勝ち鞍:日本ダービー(Gl)、朝日杯3歳S(Gl)、
共同通信杯4歳S(Glll)。
※列伝各話はIE環境下でMIDI自動演奏を設定しております※
アイネスフウジン油絵風
     
[「予告編」に戻る]
     

『疾風のダービー馬』

 「日本ダービーとは何か」 競馬関係者たちにこの問いを投げかけてみると、果たしてどのような答えが返ってくるだろうか。おそらくは「日本競馬界最高の格式を持つレース」というのが、最も当り障りのない優等生的な答えであろう。しかし、このようなありふれた答えでは、ダービーの魔力ともいうべき魅力を語り尽くすには到底ものたりない。

 かつて岡部幸雄騎手とともに関東、そして日本の競馬界をリードした柴田政人騎手(現調教師)は、1993年(平成5年)にウイニングチケットと巡り会うまで二十数年に渡る騎手生活の中でもなかなかダービーを勝てず、ついには「ダービーを勝てたら騎手をやめてもいい」とまでいうに至った。また、1997年(平成9年)にサニーブライアンでダービーを制した大西直宏騎手は、実力が認められず乗り鞍にすら不自由し地方遠征でようやく食っていけた不遇の時代にも、ダービーの日だけは東京に帰ってきてレースを見ていたという。たとえその週末に乗り鞍が一つもなくても、「ダービーだけは特別だから」といって一般のファンに混じってスタンドでレースを見ていたというのだからその思い入れは生半可なものではない。

 このようなダービーへの思いは、なにもここで取り上げた一部の騎手に限った話ではない。むしろ、騎手、調教師、馬主、生産者…いろいろな段階で競馬に関わるホースマン達のほとんどが、ダービーに対しては特別な感情を抱いているという方が正確であるとさえいえよう。

 ダービーがこれほどまでにホースマンたちの心を虜にする魔力の要因として「一生に一度しか出られないこと」を挙げる人がいるが、これだけではダービーの異様さをいい表すには不充分である。なぜなら、一生に一度しか出られないのは他のクラシックレースだって同じはずだからである。また、最強馬が集まるレースならば、他世代の強豪や外国産馬の強豪とも対決する有馬記念、あるいは世界の強豪が集まるジャパンC(国際Gl)の方がふさわしい。さらに、格の高いレースなら、ダービーと並ぶ格があるとされる春秋の天皇賞(Gl)も「特別なレース」になる資格はあるはずである。だが、実際にはこれらのレースに最高のこだわりを見せる人は、ダービーに最高のこだわりを見せる人に比べると、はるかに少ない。ダービーは今なお大部分のホースマンにとっての等しき「憧れ」であり、他のGlレースと比べても「特別なレース」であり続けているのである。

 1990年(平成2年)5月27日、年に一度の特別な日にふさわしく、東京競馬場は地響きのような大喚声に包まれた。そして、その喚声は年に一度の喧騒に留まらず、やがて競馬史に残る伝説へと変わっていった。この日のスタンドは、社会現象ともなったオグリキャップ人気によって、例年になく新しい競馬の支持層である若いファン、それも女性の姿も目立ち、華やかさを増しており、まさに競馬新時代の幕開けを告げるものだった。そして、彼らの見守った戦場ではそのような形容にまったく恥じない死闘が繰り広げられ、その死闘を制した勝者・アイネスフウジン、そして鞍上・中野栄治騎手に対して20万人の大観衆が感じた賞賛の思いは、特別なレースという雰囲気と合体して、これまでにない形として表れることになった。

 戦いの後、スタンドは一体となって死闘の勝者に対して祝福のコールを浴びせた。いまや伝説となった「ナカノ・コール」である。今でこそGlの風物詩となった騎手への「コール」だが、当時、競馬場にはそのような慣習はなかった。しかし、その日の戦いは大観衆をしばし酔わせ、そして心からの感動を与えるに充分なものだった。ほんの一部のファンが無意識的に始めたに過ぎなかった「ナカノ・コール」は、そんな20万人の思いを吸収して瞬く間に全場へと広がっていった。そのとき彼らはひとつになって、疾風のように府中を駆け抜けた第57代日本ダービー馬アイネスフウジンの栄誉を称えたのである。

 

『アサカオーの牧場』

 アイネスフウジンは、浦河・中村幸蔵牧場で生まれた。中村牧場が馬産を始めたのは幸蔵氏の父・吉兵衛氏ということになっているが、これは当時はまだ跡取り息子だった幸蔵氏が父に強く勧めてのことだったらしく、最初米とアラブ馬生産の兼業農家だった中村牧場は、やがて稲作をやめてサラブレッド生産に手を広げ、いつしか馬専門の牧場となっていった。

 大規模というには程遠い規模で馬産を続けていた中村牧場に黄金期が到来したのは、1968年(昭和43年)のことだった。この年中村牧場の生産馬であるアサカオーが、クラシック戦線を舞台にタケシバオー、マーチスと共に「三強」として並び称せられる活躍を見せ、菊花賞を制覇したのである。菊花賞の他にも弥生賞、セントライト記念などを勝ったアサカオーは、通算24戦8勝の成績を残して、中村牧場にとって文句なしの代表生産馬となった。

 もっともその後、中村牧場からたいした馬は出なくなり、一時は経営危機の噂すら流れることもあった。しかし、そんな中村牧場を支えたのは、アサカオーの存在だったという。経営が苦しくて馬産をやめたくなることもあったが、吉兵衛氏と幸蔵氏はそのたびに

「菊花賞馬を出した牧場を潰せるものか」

と自らを奮い立たせ、その誇りを支えとして牧場を守り続けたのである。

 

『幸運』

 アイネスフウジンの血統は、父がスタミナ豊富な産駒を出すことを特徴とした当時の一流種牡馬シーホーク、母が中村牧場の基礎牝系に属するテスコパールというものである。しかし、この配合が完成するまでには少なからぬ紆余曲折が必要だった。

 アイネスフウジンの出生の因縁を語るには、アイネスフウジン誕生よりもさらに10年ほど時計を逆転させる必要がある。最初吉兵衛氏がシーホークを交配しようと思いついたのは、テスコパールの母(つまり、アイネスフウジンの祖母)ムツミパールだった。シーホークは当時多くの活躍馬を出しつつあった新進の種牡馬だった。もともとシーホークの種付け株を持っていた吉兵衛氏は、代々重厚な種牡馬と交配されてきたムツミパールの牝系に、さらにスタミナを強化するためシーホークを交配しようと考えていた。

 しかし、突然状況は一変した。吉兵衛氏が「だめでもともと」という程度の気持ちで応募していたテスコボーイの種付け権が、高倍率をくぐりぬけて当選したのである。

 テスコボーイは生涯で五度中央競馬のリーディングサイヤーに輝いた大種牡馬である。後にモンテプリンス、モンテファストの天皇賞馬兄弟、そしてダービー馬ウィナーズサークルを出したシーホークも一流種牡馬というには充分だが、トウショウボーイを筆頭とする歴史的な名馬を何頭も送り出したテスコボーイと比べると、やはり一枚落ちるといわざるを得ない。そしてテスコボーイは軽種馬協会の所有馬だったため、小さな牧場でも抽選に当たりさえすれば比較的安い価格で種付けをすることができることが特徴だった。そして、産駒が無事生まれさえすれば、その子はテスコボーイの子というだけで引く手あまたになり、高い値で売れる。

 もっとも、それゆえに毎年抽選の倍率も高かった。その年は用意されていた50頭たらずの種付け枠に、応募はなんと700頭あったというから、テスコボーイの人気がどれほどだったかは想像に難くない。その高倍率の中での当選だったから、これは中村牧場にとっては大変な幸運だった。

 その気になって血統図を見返してみると、代々ムツミパールの牝系にはクラシックディスタンスタイプの重厚な種牡馬が交配されている反面スピードに欠けており、その弱点を補うために日本競馬にスピード革命を起こしたというテスコボーイを付けることは理にかなっているように思われた。そこで吉兵衛氏は、急きょ予定を変更してこの年はムツミパールにテスコボーイを交配することにした。

 そうして生まれた子が後にアイネスフウジンの母となるテスコパールだったが、彼女が無事産まれると、「中村牧場でテスコボーイの子が産まれた」と聞きつけた二つの厩舎からたちまち「うちに入れてくれないか」という申し出があったという。

 

『運命』

 だが、テスコパールと名付けられて中村牧場の期待を一身に集めた牝馬は、2歳の夏に大病を患ってしまった。セン痛を起こして苦しんでいるところで発見され、獣医に見せたところ「手の施しようがありません」と宣告されたのである。テスコパールには引退後にも繁殖牝馬となってもらおうと大きな期待をかけていた吉兵衛氏はすっかり落ち込んでしまった。そして、

「どうせ死ぬのならうまいものを食わせてやりたい」

と獣医のもとからテスコパールを無理矢理に牧場へ連れ戻してしまった。ところが、獣医と大喧嘩をしてまで連れ戻したテスコパールは、水を好きなだけ飲ませてうまいものを食わせていたら、不思議なことに死の淵から持ち直したのである。

 結局、テスコパールは病気の影響で競走馬にはなれなかったものの、繁殖牝馬としては受胎率の極めて高い、中村牧場のカマド馬ともいうべき存在になった。吉兵衛氏はテスコパールに毎年いろいろな種牡馬を交配していたのだが、ふとテスコパールにムツミパールと交配し損ねたシーホークを交配してみたらどうかと思いついた。テスコボーイでスピードを注入した血にもう一度シーホークをかけることで、スピード、スタミナのバランスがとれた子が生まれるのではないか。そう考えたのである。

 そしてテスコパールがシーホークとの間で生んだ第七子は、黒鹿毛の牡馬で体のバネが強い子だった。中村父子も「いい子が生まれた」と喜びはしたが、この時点ではまだその子、後のアイネスフウジンがやがてどれほどの活躍をしてくれるのかを知る由もなかった。彼はまるで、テスコパールが幼い頃に散々苦労をかけた中村親子への恩返しをするために産んだような子だった。

 中央競馬の調教師ともなると、自厩舎に入れる馬を探すために自ら北海道などの馬産地を飛び回るのが普通だが、美浦の加藤修甫調教師もその例に漏れなかった。そして、加藤厩舎と中村牧場は加藤師の父の代からつながりがあったため、加藤師が北海道に来るときにはいつも中村牧場の馬も見ていくのが習慣だった。

 そして、このときも中村牧場へやってきた加藤師は、この牡馬をひと目見たときに「こいつは走る」という直感がひらめいたという。加藤師は直感に従ってこの牡馬を自分の厩舎で引き取ることに決めた。馬主として資格をとったばかりの新進馬主・小林正明氏を紹介し、かくして競走名も「アイネスフウジン」に決まったこの子馬の加藤厩舎入りが決まったのである。

 

『加藤師の考えごと』

 大器と見込んだアイネスフウジンを自厩舎に入厩させた加藤師だったが、アイネスフウジンの成長は彼の眼鏡を裏切らないものだった。アイネスフウジンはいつしか評判馬として美浦に知られる存在となっていた。

 アイネスフウジンの調教は順調に進み、加藤師は夏には早くもデビューを視野に入れて考えなければならないことができてきた。そろそろ追い切りで本格的にレースに備える時期だが、さてアイネスフウジンに誰を乗せてみようか。もちろん追い切りで乗せるということは、レースでの騎乗にも直結する。これはアイネスフウジンの将来にとって大問題となる。

 加藤師はそのことを考えながら美浦トレセンのスタンドに足を運んだ。とはいっても時は夏競馬の真っ最中で、現役馬はほとんど新潟や函館に出払っていた。馬に乗ることが商売の騎手たちが、馬のいない美浦に留まっているはずがなく、馬も騎手もほとんどいないコースは閑散としていた。しかし、加藤師はスタンドにぼんやりとたたずむ、本来ならばこんなところにいるはずのない男の姿を見つけた。それが中野栄治騎手だった。

 

『忘れられた男』

 中野騎手は当時36歳で、騎手としてはとうにベテランの域に達していた。もっとも、いぶし銀のように玄人受けするタイプといえば聞こえはいいが、その実は普通のファンならば彼の名前を知らなくてもさして不都合はないという、世間の耳目を引き付けるような活躍とは無縁の騎手だった。

 中野騎手がもともとただの二流騎手だったかといえばそうではない。中野騎手について

「ヨーロッパの騎手みたいにきれいなフォームで、僕が(中野騎手の騎乗を)最初に見たとき、『あ、日本にもこんなにおしゃれな競馬をできる騎手がいたんだ』と思いました」

と語るのは、当時調教助手で、その後調教師試験に合格して調教師へ転進、当代随一の名調教師へと成長した藤澤和雄調教師である。彼は

「岡部(幸雄)や柴田(政人)ぐらい勝てても不思議はなかった」

と、往年の中野騎手の騎乗スタイルを絶賛している。

 しかし、実際には彼が挙げた勝ち星は、18年間の騎手生活でようやく300少々に過ぎなかった。この数字は、同期の出世頭・南井克巳騎手がそれまでに記録した勝ち星の3分の1より少し多いぐらいである。しかも、そう多くなかった勝ち星はここ数年間さらに落ち込んでおり、いつしか彼はローカル競馬でなんとか人並みの稼ぎを確保するというマイナー騎手になり果てていた。

 そのような状況にあるベテラン騎手にとって、夏競馬はまさに稼ぎ時のはずである。現に彼はこの年もいったん新潟へと出張していた。ところが、夏競馬真っ盛りの中、彼は新潟ではなく美浦にいた。

 

『騎手失格の騎手』

 実は、このとき中野騎手は引退の危機を迎えていた。伸びない騎乗数、増えない勝ち鞍に苛立つあまり、酒量が限界を超えることがしばしばだった。そのせいで、ただでさえ太りやすい体質なのに、さらに太ってついには騎手としての体重が維持できなくなった。日本で騎手を続ける以上重くとも50kg少々でなければならない体重が、ひどいときには60kg近くになったこともあった。これでは鞍さえ着けずに乗ったとしても、レースの負担重量を大きくオーバーしてしまう。もちろん鞍も着けずにレースに乗るなどということができようはずもない。騎乗依頼の管理が甘かったこともあり、せっかく騎乗依頼があっても週末に体重を落とせずに乗り替わりを強いられたことさえあった。

 しかし、調教師としては、依頼を受けてもらった以上中野騎手に乗ってもらうことを前提として懸命に馬を仕上げてきている。それが、直前になって「体重を落とせなかったから乗れなくなりました」では通じない。他の騎手に依頼しようにも、そんな頃には実力のある騎手はあらかた騎乗馬が決まってしまっており、実力的にはかなり落ちる騎手を乗せざるを得なくなる。調教師やスタッフの怒りは、当然、中野騎手に向けられることになる。

「体重を維持することぐらい、騎手の最低限の義務だろう。それすら果たせないあいつに、大切な馬は任せられない。あいつに頼まなくても、他に騎手はいくらでもいるんだ。もっと若くて生きがよく、何よりも体重維持がしっかりできていて、直前で『乗れません』なんて言わない騎手がいくらでもな。」

 こうして中野騎手への騎乗依頼は目に見えて減っていった。たまに依頼があっても、とても勝ち負けを狙えるような馬ではない。厩舎サイドからしてみれば、いつキャンセルされるか分からない騎手を期待馬に乗せるわけにはいかないというのは当然だろう。しかし、それでますます勝ち星が伸びなくなった中野騎手は、やけになってさらに酒を飲んだ。これでは完全に悪循環である。

 しかも、この年中野騎手は悪循環を断ち切るのでなく、逆に決定的にする事件を起こしてしまった。夏になって例年通り新潟に遠征していた中野騎手は、バイクの運転中に自分の不注意でバスとの接触事故を起こしてしまったのである。ただでさえ敬遠されがちだった中野騎手の状況は、これによって決定的になってしまった。競馬場が最も賑わう開催日なのに、待てど暮らせど中野騎手のところには騎乗依頼がこなかった。馬に乗るのが商売の騎手にとって、馬に乗せてもらえないほどつらい事はない。

 自分より一回り以上若い騎手たちがたくさんの依頼をもらって一日に何レースも騎乗しているのを横目で見ながら、自分は馬に乗ることすらできない。中野騎手にとって、この年の新潟遠征は、デビュー以来最も寂しい旅となってしまったのである。

 中野騎手はこのとき、半分はやけになって、そしてもう半分は居たたまれなくなって、新潟開催が終わってもいないのに早々に新潟から引き揚げてきていた。とはいえ、新潟を引き揚げても、行くあてがあろうはずはない。することもないままに、フラフラと人も馬もいない美浦トレセンでひとりたたずんでいたのである。

 

『ダービーをとってみたいだろ? 』

 加藤師は中野騎手に声をかけた。

「おい栄治、どうしたんだ、今頃。」
「乗る馬がいないんで、こっちへ帰ってきたんです。」

中野騎手にしてみれば、言いつくろいようのない事実を述べたに過ぎなかった。加藤師も美浦の調教師として、中野騎手の近況を知らないはずがない。しかし、それを聞いた加藤師は、中野騎手が正直に答えたことが気に入った。

「こいつもまだまだ捨てたものではない。こいつほどのジョッキーを、このまま埋もれさせてしまうには惜しい…。」

 次の瞬間、加藤師の口からこんな言葉が飛び出していた。

「うちの3歳で、まだヤネが決まってないのがいるんだが―。お前、ダービーをとってみたいだろ? 」

 中野騎手自身、こんな生活を続けていても仕方がないことは誰よりもよく知っていたし、「引退」の二文字が頭にちらついたこともあった。妻の

「引退するのなら、どうぞご自由に。でも、自分で納得できる辞め方じゃないと、後悔するんじゃない? 」

という言葉に励まされて騎手生活を続けることこそ決意したものの、いったんなくなった信用はなかなか戻ってこずに騎乗馬が集まってこない、そんな苦しいときに差し伸べられた救いの手だった。

 こうして中野騎手が引き会わされたのが、デビューを間近に控えたアイネスフウジンだった。彼の見たアイネスフウジンは、競走馬にしては実に人なつっこい、とても気の優しい馬だった。手を近付けてやるとぺろぺろとなめて甘えてくるその姿は、中野騎手に「きっと人にいじめられたことなんかない馬なんだろうなあ」と思わせるほどだった。

 しかし、実際に馬にまたがってみて、中野騎手は直感した。

「(こいつは走る! )」

柔らかい馬体、素直な気性、そして抜群の乗り味。彼は知った。アイネスフウジンは、彼がこれまでの騎手生活の中で出会ったことのない大器だということを。

「―お前、ダービーをとってみたいだろ? 」

中野騎手は、加藤師の言葉が頭の中を繰り返しこだまするのを感じていた...。

[続きは、また明日(05/25)...。]

[続き「その2」へ]

[もう一度読み返す] 

記:第67回日本ダービー(Gl)を4日後に控えて...2000年5月24日
文:「ぺ天使」@MilkyHorse.com 御意見・御感想は、筆者(ぺ天使)宛にどうぞ!
   

このページのMIDI音源は(株)YAMAHAの提供によるフリー素材です。

このページはInternet Explorer 4.0以上で御覧になることをお勧めします。  SORRY, JAPANESE ONLY
Copyright(C) 1998- Retsuden.com. All right reserved.