サラブレッド列伝Retsuden.com
「―語り継ぐべきサラブレッド達は、ここにいます。」
※列伝各話はIE環境下でMIDI自動演奏を設定しております※
サラブレッド油絵風
■参考文献一覧■
     
第81話―世界の塵芥、荒尾の明星「ワールドクリーク列伝」
「ダート界の超新星は、日本代表としてドバイへ挑み、そこで世界の頂点をかいま見た。そんな彼が、その後永い不振を経て中央競馬を去り、地方に活路を求めた後に手に入れた彼自身の頂点とは…」(初出:2005/09/14)
 [その1] [その2] [その3] [その4] [その5] [その6]
 [その7] [その8] [その9] [その10] [その11] [その12]
ワールドクリーク列伝
ネオユニヴァース列伝
   Carrot Lunch
第82話―王道の果て「ネオユニヴァース列伝」
「 新世紀の競馬界に王道を甦らせ、クラシック三冠の意義を再認識させたのは、まぎれもなく彼の功績。新世代の星たちよ、願わくば知ってほしい。過酷な王道に挑むことの美しさを・・・」(初出:2005/10/06)
 [その1] [その2] [その3] [その4] [その5] [その6]
 [その7] [その8] [その9] [その10] [その11] [その12]
 [その13] [その14] [その15] [その16]
第83話―ほんの短い夢「ムガムチュウ列伝」
「競馬に関わるすべての者が夢みる競馬の頂点、Gl。だが、たとえそれが夢の世界であるとしても、その結果まで夢として忘れ去ってはならない・・・」(初出:2005/11/17)
 [その1] [その2] [その3] [その4] [その5] [その6]
ムガムチュウ列伝
ヒシアケボノ列伝
第84話百億の刻、一瞬の光「ヒシアケボノ列伝」
「1分8秒1の電撃戦を制し、デビューから1年あまりという早さで頂点を勝ち取ったヒシアケボノ。己のすべてを一瞬のレースに爆発させた彼こそ、サラブレッドの宿命の最も忠実な体現者だった…(初出:2005/12/25)
 [その1] [その2] [その3] [その4] [その5] [その6]
 [その7] [その8] 
第85話―戦国名花物語「1999年牝馬三冠勝ち馬列伝」
「戦国時代にも似た混戦の中で栄光を手にした在来牝系の名花たちの戦いの過程は、競馬が血統という記号の集積ではなく、人間の思いによって支えられたロマンであることを我々に再確認させてくれる…」(初出:2006/07/09)
 [その1] [その2] [その3] [その4] [その5]
 [その6] [その7] [その8] [その9] [その10]
 [その11] [その12] [その13] [その14] [その15]
1999年牝馬三冠勝ち馬列伝
文:「ぺ天使」@MilkyHorse.com 御意見・御感想は、筆者(ぺ天使)宛にどうぞ!

このページのMIDI音源は(株)YAMAHAの提供によるフリー素材です。

このページはInternet Explorer 4.0以上で御覧になることをお勧めします。  SORRY, JAPANESE ONLY
Copyright(C) 1998- Retsuden.com. All right reserved.